審美歯科でキラリと輝く理想の歯【口元のコンプレックスを改善!】

女性

口内と全身の健康

歯磨き

口内の健康を保つためには、オーラルケアが非常に重要です。オーラルケアとは、毎日の歯磨きなどのことを指します。オーラルケアを行なうことによって、口内の歯垢を除去することが出来ます。それによって、虫歯や歯周病といった口内の疾患を防ぐことが出来ます。オーラルケアを怠ると、歯を失う結果になることもありますので正しいオーラルケアを行なうようにしましょう。
口内の健康は、全身の健康にも密接な関係があります。口内にいる細菌は、実に三十億とも言われています。その中には歯周病の原因菌も数多くいます。オーラルケアを怠り、歯周病になってしまうと血糖値が上昇してしまいます。血糖値が上昇すると、心臓病や脳梗塞、糖尿病といった命に関わる病気を併発してしまいます。また、妊婦だと低体重児出産になってしまうこともあります。また、抵抗力が低下している年配の方だと、口内の細菌によって日和見感染症にかかってしまうことがあります。また、敗血症や感染症心内膜炎、虚血性心疾患など様々な病気のリスクが有ります。また、認知症の発症率を高めてしまうということも確認されています。オーラルケアを行なうことによって、健康的な体で長生きすることができます。
毎日歯磨きを行っているから自分は大丈夫、と考えている方も注意が必要です。日本人の焼く8割が歯周病予備軍と言われています。毎日歯磨きを行っていても、歯磨きのやり方を間違っていると歯周病にかかってしまいます。最寄りの歯科で歯磨きの指導を受けることができます。また、その他にも効果的なオーラルケア方法を教えてもらうことができます。歯科でオーラルケアの方法を教えてもらい、口内と全身の健康を守りましょう。